最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

専業主婦キャッシングのデメリットにはどんなものがあるか

キャッシングを利用するには、借入後は返済が必要ですので、収入が安定していることが大切です。

消費者金融の場合は総量規制の対象ですので、まったく収入がないとなるとお金を借りることはできません。

それゆえに専業主婦キャッシングを利用する場合は、本人の名義で申し込んだとしても審査に通ることは難しいというデメリットがあります。

そして、配偶者貸付という形でなら融資を受けられる場合がありますが、この場合も配偶者の同意がないと借りることはできません。

それゆえに配偶者にも知られたくない借入をしたい場合も利用することは難しくなります。

主婦の方の場合も、パートやアルバイトで収入を得ている場合は本人の名義で申し込むことができ、配偶者の同意も特に必要ありません。

銀行のカードローンの場合は総量規制がありませんので、専業主婦の方にも対応していることが多く、この場合は配偶者の方に安定した収入があれば利用できることが多くなっています。

配偶者の許可が特に必要なく利用できることも多いですが、この場合も専業主婦の方は借入れられる金額はあまり多くはありませんので、まとまった資金が必要という場合は十分な資金が得られない場合があります。

それからキャッシングの場合は無担保で利用することができますが、その分、利息も高めに設定されていますので、本人に収入がない専業主婦の方は計画をしっかり立てておかないと返済が厳しくなる場合がありますので、返済計画はきちんと立てておくことが大切です。